あとで読む

占い通りになっちゃった?!〜占いに関するエピソード〜

姓名判断は個人の名前の画数で運勢などを占う方法です。名前だけでなく、社名などでも利用されます。

姓名判断について

姓名判断というものをご存知でしょうか。
姓名判断は占いの1種でその人の姓名から性格や運命などを知る事が出来るというものです。

昔から名は体を表すと言われています。
その為、人の姓名というのは個人を区別する為だけでなく、その人そのものと考えられています。
そういった観点から姓名判断は姓名の画数を見て、様々な運勢を見るという占いになります。
占いの代表的なものとしては生年月日を利用して占いをするという方法があります。
こういった占い方法は生まれ持った運勢について占う事が主なものとされています。
しかし、姓名判断の場合は、生まれて来てからの事を占います。
その為、この画数だと良くないとわかれば、生まれてくる前に別の名前を考える事も出来ます。
名前で運勢が決まるなんてありえない、そう思う方は多いと思います。
しかし、名前というのは様々な場面で大きな影響を与えるものとなります。
人は外的な要因、つまりは見たものや聞いたものによって考え方も変わってきます。
これが個性であり、自分の人生を左右する材料にもなり得ると思います。
こういった事を考えると生活環境によって大きく影響されて人は成長するのだという事を実感します。
そんな環境の中で名前は大きな影響を持ちます。
生まれてくるのであれば幸せになってほしい、そう願う方は多いでしょう。
そういった考えの中で姓名判断という占いは生まれたのではないかと思います。
では、姓名判断ではどのように占いを行うのでしょうか。
基本的には画数によって決められます。
ここではそれぞれの画数についてご紹介します。
まずは天格と呼ばれるものです。

これは姓の画数を足したものです。

これにより先祖からの因果や自分に課せられた宿命のようなものを知る事が出来るとされています。
地格と呼ばれるのは名前を足した画数です。

これは生まれもった個性を表すものだとされています。
本能的なものであり、影響があるのは生まれてから成人するまでと考えられています。
総画というのは姓名すべてを合計した画数です。

いわゆる全体運をあらわすのがこの総画で、個性からこれからの運勢など全てに影響を与えるものとされています。
この他にも外格や人格といったものもあり、姓名のどの部分を足した数字かによって考えられています。
人格や外格は内面的な部分や環境的場部分など人生の中でも細かい部分を知る事が出来ます。
姓名判断は生まれてくる人に対して利用することもありますが、社名などでも利用する事があるようです。

Search
Pagelist

Copyright (C)2018占い通りになっちゃった?!〜占いに関するエピソード〜.All rights reserved.