あとで読む

占い通りになっちゃった?!〜占いに関するエピソード〜

自分がなぜ、占いをしようと思ったのか、その理由は人それぞれです。その理由に合った占い師を見つける事も大切です。

それぞれにタイプがある

自分はどんな占いをしてほしいのか、その目的は人によって様々です。

占いに行く前に自分にはどのようなタイプの占い師があっているのか、それを知った上で占いをしてもらう事が大切です。

そう言った事を知っておく事で、占いの結果をアドバイスとして自分に活かす事が出来るはずです。

これは、直接占いをしてもらう時だけでなく、インターネットなどで気軽に出来る占いでも同じことが言えます。
占い師のタイプと書きましたが、占い師にもタイプがあります。
大きく分けて2種類のタイプがいます。
まずは、完全肯定型と言われるタイプの占い師です。

完全肯定型の場合、占いによって癒されたい、友達の様に相談に乗ってほしい、勇気がほしいときに利用すると有効だとされています。
こういったタイプの占い師は若い世代の方が多い事も特徴と言えるでしょう。
その為、自分と同じような世代の占い師さんに話を聞いてほしいという方はこの完全肯定型の占い師を選ぶと良いかと思います。
占い内容としては、身近な悩みや同世代だからこそ感じる悩みなどが多いようで、リアルなアドバイスを受けたいという方がこういったタイプの占いを選ぶようです。

こういった占い師の場合は頻繁に通う方も多く見られるようです。

完全否定型の場合は、周りが信じられない、どうしていいかわからないといったどちらかというと切羽詰まった状況の方に向いているタイプとされています。
占い師さんも貫禄あるような方が多く、一時期流行った○○の母と呼ばれていた方達が完全否定型タイプに当てはまる傾向にあるようです。

内容としてはアドバイスというよりはきつめの言葉が多く、それではだめなどといったアドバイスが多いようです。

ただし、完全否定型といいますが、占いをしてもらいに来た本人を人格を否定するのではなく、その考えた方を戒めるといった方が分かりやすいかと思います。
占いをしたもらった方はその言葉に感動をして、自分の心の拠りどころのようなスタンスで通う方が多いようです。

占い師のタイプと言っても個性によって大きく異なると思います。
自分がどんな占い師さんに信用をおけるか、それを決まるのは自分自身です。

悩んでいる事によって合った占いを選ぶのもひとつの方法です。

しかし、感性の合う占い師さんに占ってもらうという事もひとつの選択肢です。

そういった占い師さんに巡り合う事はなかなか難しいのですが、巡りあったら、定期的に通っても特に問題はないのではと思います。
インターネットを利用している占いの場合は、その言葉のニュアンスを読み取ってどちらのタイプか自分で判断する事が大切です。

Search
Pagelist

Copyright (C)2018占い通りになっちゃった?!〜占いに関するエピソード〜.All rights reserved.